若いころに戻りたい・・・そんなあなたは腸からキレイになることを

MENU

若いころに戻りたい・・・そんなあなたは腸からキレイになることを

人の細胞数は「37兆2000億個」、とてつもない数字ですが、この細胞が、毎日、分裂と死滅を繰り返し約90日で入れ替わると言うのですから驚きですね!!この膨大な数の細胞は、自然治癒力のお陰で守られています。

 

そんな私達の肌細胞は表皮、真皮、脂肪の3層から成り、表面に皮の膜を張ることで肌の乾燥を防いでいます。20歳の頃の肌はコラーゲン たっぷりのピチピチ肌で、みずみずしく誰もが憧れる美肌ですね。しかし25歳を過ぎた頃から、皮脂の分泌はだんだんと減っていき、加齢と供に 乾燥やくすみ、シワになりやすい肌に変化していきます。

 

このように乾燥し傷ついた肌は、肌の新陳代謝いわゆるター ンオーバーに大きく影響してきます。肌のターンオーバーを促進する免疫機能は、骨髄やリンパ節、腸管、血管、皮膚など多くの器官や組織で構成された協力器官に存在します。

 

中でも腸管には、体に存在するリンパ球の約60〜80パーセントが集中していると言われ、これが『腸は最大の免役器官』と言われる由縁となっています。上記のような事から『腸を綺麗にすることで』体の免疫力を上げ、肌のターンオーバーを促進し、さらには、若くみずみずしい美肌づくりにつながる事が裏づけられますね。

 

肌の老化は腸内からはじまる!

ストレスが生じたり、睡眠不足が続いたり、好きだからと肉類ばかり食べた結果、吹き出物や肌の乾燥に悩まされた事は有りませんか?自覚がない方は肌の調子と食生活を思い返してみてください。どうです?結構食生活と肌の調子って関係しているように思えませんか?それは腸内細菌のバランスが崩れていることが原因なのです。

 

では腸内バランスとはどのようなものなのでしょうか?腸内には多くの腸内細菌と呼ばれる100兆個もの微生物が、腸管の内壁にビッシリと生息しています。これらの腸内細菌は良い微生物ばかりではなく、悪玉菌と呼ばれる腸内細菌も全体の10分の1を占めています。この悪玉菌が増殖する事で、腸内バランスが崩れ、免役機能が落ち、吹き出物や肌荒れの原因と考えられています。

 

これら腸内細菌は3種類に分類され、下記のような腸内細菌が理想のバランスと言われています。

 

良い働きをする善玉菌 ?2【多いほど免疫機能が高まり、腸内が綺麗になる。】
悪い働きをする悪玉菌 ?1【免疫力を下げ腸内が汚れて肌トラブルを起こす。】
どちらでもない日和見菌 ?7 【善玉菌・悪玉菌どちらか強い方に見方する。】

 

上記のように腸内細菌は増え続けることはなく、常に一定の割合を保っているため、

 

善玉菌が多くなると ⇒ 悪玉菌が減る。
悪玉菌が多くなると ⇒ 善玉菌がへる。

 

というような関係にあります。つまり善玉菌を増やすためには悪玉菌を減らす。悪玉菌を減らすためには善玉菌を増やす。ということが重要なわけです。

 

腸を綺麗にすることで肌も心も綺麗に!!

腸を綺麗にするという事は、もともと腸内に棲み着いている善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)を優勢な立場にしてあげるということ。このことによって免役力をが活性化します。免役力が上がった腸内は、善玉菌が作り出した乳酸や酢酸により悪玉菌の数を減らし、体内に溜まった毒素や侵入してきた病原菌を排除してくれます。

 

食生活では、腸を綺麗にする為に、善玉菌の好物とする食品を献立に取り入れる。
例として、

 

@食物繊維を多く含む食品

芋類、納豆、ひじき等の海藻類、インゲン豆、干しシイタケ、黄な粉、ごぼう、きのこ類、りんご、など。
お腹の中にいる善玉菌のエサとなりバランスを整え腸内を綺麗にします。

 

A乳酸菌やビフィズス菌を含む食品

ぬか漬、キムチ、納豆、チーズ、乳酸飲料、ヨーグルト、など。
 またサプリメントでも取る事ができます。
ラブレ菌、ガセリ菌SP株、乳酸菌シロタ株、 L-92乳酸菌 クレモリス菌 ビフィズス菌、LG21乳酸菌など種類豊富。

 

Bオリゴ糖を含む食品

善玉菌のエサとなります。
タマネギ、ゴボウ、アスパラガス、大豆、バナナ、ハチミツ、ガラクトオリゴ糖 など。
食品からとる場合は影響ありませんが、オリゴ糖液体(市販品)は多く取りすぎると下痢を起こす場合がありますので、適量を取るように注意しましょう。

 

上記の様な食材を上手に使いこなしバランスの良い食生活を送りましょう。また、外食が多い方や、忙しく料理に時間を掛けられないと言う方は、何時でも何処でも取れるサプリメントや乳酸飲料等で対処しましょう。

 

若いときに無茶をした付けが、40代に差しかかった頃に、一気にやって来ます。そんな自分の姿を見て『何とかしたい』『若い頃に戻りたい』と焦りがちです。人の細胞は、生きている限りずっと毎日分裂と死滅を繰り返すのですから、お肌のケアは今からでも遅くはありません。生活習慣を見直すなら上記のような事に心配りし、あの頃のような美肌づくをはじめましょう!!

関連ページ

お肌の曲がり角は腸内から対策。30代、40代でも20代と戦えるわけとは
年々、自身の健康への関心が高まってきており、腸内環境から健康になろう!という方も増えています。当サイトでは乳酸菌で「菌活」を始める方のための入門として、知識から選び方まで幅広く掲載しています。
乾燥肌の最近の対策方法は「腸」にあった?
年々、自身の健康への関心が高まってきており、腸内環境から健康になろう!という方も増えています。当サイトでは乳酸菌で「菌活」を始める方のための入門として、知識から選び方まで幅広く掲載しています。
体の中からキレイになるには「腸」を対策
年々、自身の健康への関心が高まってきており、腸内環境から健康になろう!という方も増えています。当サイトでは乳酸菌で「菌活」を始める方のための入門として、知識から選び方まで幅広く掲載しています。
腸内美容であの頃へ。娘にも負けない肌を作るには
年々、自身の健康への関心が高まってきており、腸内環境から健康になろう!という方も増えています。当サイトでは乳酸菌で「菌活」を始める方のための入門として、知識から選び方まで幅広く掲載しています。