便秘でお腹が張る。そんな時は乳酸菌で腸内環境を改善。

MENU

便秘でお腹が張る。そんな時は乳酸菌で腸内環境を改善。

便秘とは体の中にいらないものが溜まっている状態です。
いらないもの=生ゴミと考えてくだされば、わかりやすいと思いますが、生ゴミは放置していると、悪臭を放ちます。それと同じことが体の中で行われています。便が腸内でとどまり、ガスを発生し、腸内がパンパンになります。

 

そうすると、体の中で小腸や胃が押し上げられ、食欲がなくなったり、苦しい状態になってしまいます。このガスの正体は活性酸素で、大量に発せられると、肌荒れを起こしたり、体調を崩しり、新陳代謝の低下、自律神経の乱れなども起こしてしまうのです。

 

その状態を改善する方法は3つ。
たった数分、毎日に取り入れることで、スッキリした毎日を過ごせるでしょう。

 

 

@乳酸菌を取ろう!

 

腸内にはには悪玉菌と善玉菌、日和見菌が存在しています。日和見菌は悪玉菌が増えると悪玉菌の味方になり、腸内環境を悪くし、善玉菌が増えると、善玉菌の味方になり腸内環境を良くする菌です。

 

日和見菌を味方につけると、とても良い事ばかりなんです。

 

日和見菌を増やす為には、乳酸菌の力が必要です。乳酸菌は善玉菌を助けてくれる菌。これを毎日の食事に取り入れましょう。

 

そこで、1つ、食べるポイントがあります。プレーンヨーグルトを食べる時、あなたは何をかけて食べていますか?砂糖やジャムといった甘いものではないでしょうか?

 

プレーンヨーグルトを食べる時にヨーグルト100gに対して0.5グラム〜1グラムの食塩を加えて食べましょう。塩にはナトリウムが入っています。乳酸菌は微量のナトリウムが加わると、整腸作用が高まる効果があります。また、体内濃度と近い塩分を取る事によって、腸内の浸透力が高められ、便を軟らかくする効果があります。ぜひ、砂糖ではなく、塩ヨーグルトを試してみてください。

 

A簡単マッサージと運動を取り入れましょう。

 

塩ヨーグルトを食べる。
それだけで改善する方もいらっしゃいますが、慢性便秘の方は次のことも行いましょう。慢性便秘の方に多い症状は、ねじれた腸に問題があります。塩ヨーグルトを食べても効果が無い方は、寝る前の数分間、マッサージを行いましょう。

 

 

*仰向けで寝た状態になり、両ひざを立て、右足を左足にかけて、体を右側に倒します。

 

*骨盤の下部分付近を移動しながら、両手の指3本を使い、ぐっと押しましょう。

 

*息をはきなら、全体を2〜3回程度行います。これで終了です。

 

 

このマッサージは腸の下あたりに刺激を与えることによって、便秘解消を促します。

 

 

体をひねる運動をしましょう。

 

肩幅に足を広げまっすぐに立ちます。左側に両手を振りながら上半身をひねります。右側も同様にしましょう。これを1分間しましょう。

 

体をひねる事にいよって、腸内上部が刺激されます。

 

 

 

次にご紹介するのは、ガスが溜まり苦しい時に行う呼吸法です。

 

 

*肩幅に足を開き、まっすぐに立ちましょう。

 

*上半身を前に倒し、後ろで手を組みます。

 

*おしりから少し上の仙骨を10回程度、ぽんぽんと刺激します。

 

*体を元に戻して終了です。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

1塩ヨーグルトを食べる
2マッサージを行う
3ひねり運動を行う。

 

この3つをするだけで、お腹が張る状態から便秘解消まででき、スッキリとした毎日が過ごせるでしょう。

 

C広尾プライム皮膚科 医師 谷口由紀先生 も進めるガス抜きマッサージ方法と共立女子大学名誉教授・中澤勇二先生が進める塩ヨーグルト

 

谷口由紀先生「ガス抜きマッサージを行なっておならを腸内に溜めこまないようにすることは、お腹の張りを解消するばかりか、便秘の改善にも繋がります」
中澤勇二先生「プレーンヨーグルトに塩を加えるだけで、特別な塩も不要です。カロリーを気にしながら、ヨーグルトに砂糖を加えていた人も、『塩ヨーグルト』で安心して、便秘のトラブルを解消してほしいですね」

 

 

便秘解消とお腹が張る状態を解消するマッサージと塩ヨーグルト。
毎日に取り入れるだけで、解消できるならば、とてもいい方法だと思います。

関連ページ

太るととに便秘がちに。それはほぼ腸内環境が原因です。
年々、自身の健康への関心が高まってきており、腸内環境から健康になろう!という方も増えています。当サイトでは乳酸菌で「菌活」を始める方のための入門として、知識から選び方まで幅広く掲載しています。
便秘薬との飲み合わせ。不安なら薬をやめてみましょう
年々、自身の健康への関心が高まってきており、腸内環境から健康になろう!という方も増えています。当サイトでは乳酸菌で「菌活」を始める方のための入門として、知識から選び方まで幅広く掲載しています。
食生活と生活環境の改善が難しい方のための便秘予防
年々、自身の健康への関心が高まってきており、腸内環境から健康になろう!という方も増えています。当サイトでは乳酸菌で「菌活」を始める方のための入門として、知識から選び方まで幅広く掲載しています。
赤ちゃんの便秘は母親の母乳が原因
年々、自身の健康への関心が高まってきており、腸内環境から健康になろう!という方も増えています。当サイトでは乳酸菌で「菌活」を始める方のための入門として、知識から選び方まで幅広く掲載しています。
30代からの便秘。たまにだからとほっとかないで
年々、自身の健康への関心が高まってきており、腸内環境から健康になろう!という方も増えています。当サイトでは乳酸菌で「菌活」を始める方のための入門として、知識から選び方まで幅広く掲載しています。
お通じの問題は乳酸菌で改善がベスト
年々、自身の健康への関心が高まってきており、腸内環境から健康になろう!という方も増えています。当サイトでは乳酸菌で「菌活」を始める方のための入門として、知識から選び方まで幅広く掲載しています。
急性便秘。かんたんに治す方法とは
年々、自身の健康への関心が高まってきており、腸内環境から健康になろう!という方も増えています。当サイトでは乳酸菌で「菌活」を始める方のための入門として、知識から選び方まで幅広く掲載しています。
便秘でストレスをため込む前に乳酸菌でしっかり予防を
年々、自身の健康への関心が高まってきており、腸内環境から健康になろう!という方も増えています。当サイトでは乳酸菌で「菌活」を始める方のための入門として、知識から選び方まで幅広く掲載しています。
便秘改善のために腸内環境を良くしたい。どんな方法がベスト?
年々、自身の健康への関心が高まってきており、腸内環境から健康になろう!という方も増えています。当サイトでは乳酸菌で「菌活」を始める方のための入門として、知識から選び方まで幅広く掲載しています。