腸内環境の改善と乳酸菌。健康予防はじめよう

MENU

腸内環境の改善

最近なにかと話題の腸内健康。
色々なメディアや雑誌でも「腸」の重要性が取り上げれていますね。

 

腸が健康だとカラダも健康!
というように便秘の改善だけではなく、美容やアレルギー、ガン予防なんかにも効果があります。

 

でも「結局どうしたらいいの?」って方がほとんどかと思います。
そこで当サイトでは、腸内環境を整えることによって得られる主な効能。
悩み別にそれに合った乳酸菌の紹介、また、自分に適した腸内環境の改善の仕方などを解説しています。

 

腸内健康入門に当サイトを上手く活用しましょう!

 

 

項目別に解決策を見つける!

 

・アレルギーの改善
・便秘・お通じの改善
・基本的な免疫力の向上
・ニキビ、肌荒れ、乾燥肌、美容全般の対策

 

 

手っ取り早く腸内環境を改善するには?

 

 

まず、腸内環境を改善するには腸内の「善玉菌」を増やすことが重要。
腸内に善玉菌が増えると、悪い菌である悪玉菌が必然的に減っていきますので、
おのずと腸内環境が良くなっていきます。

 

善玉菌を増やすにはいくつか方法があります。

 

 

・食べ物から乳酸菌を摂取する
・ヨーグルト、ヤクルトから乳酸菌を摂取する
・サプリメントで直接摂取する

 

 

この中で最も効率的なのがサプリメントで摂取すること。
コスパ的に考えてもそうですし、まず毎日、乳酸菌を考えた料理なんて続きませんし、
ヨーグルトやヤクルトだって続けにくいです。

 

その点サプリメントなら手軽に毎日続けれますし、乳酸菌を直接摂取することができるので効率いいですよね。
サプリメントというと「クスリ」のようなイメージを持たれる方も多いですが、
単に栄養素を凝縮したものなので心配必要なし。
菌活入門にはサプリメントが一番おすすめですね。

 

 

 

 

自分の腸内環境をチェックしてみよう!

 

 

ここでは自分の腸内環境をカンタンにチェックできます。
当てはまるものを数えてみましょう!

 

・便秘気味かも
・週2回以上外食している
・毎日かかさず3食たべていない
・食事の時間が不規則だ
・肉料理中心の食生活
・野菜や果物はあまり食べない
・牛乳、乳製品はあまりとらない
・おなら、ガスが溜まりやすい、出やすい
・おならのニオイが結構ニオウ
・口臭、体臭に自信がない
・風邪をひきやすい
・アレルギー体質だ
・肌荒れが多い
・運動不足かも
・ストレスが多い

 

 

6つ以上チェックがある方は腸内環境が乱れているかも。
もうすでに自分で気づいている方も多いのでは?
菌活をはじめてみることをオススメします!

 

出典:善玉菌

2015/07/03 19:46:03 | 美容
最近、真夏でも冷えや低体温に悩む人が増えています。そのほとんどが「生活習慣の乱れ」から来るものと言われ、それに加え、睡眠不足、食生活の乱れ、ストレスや運動不足など、原因は様々です。この冷えは血液の循環が悪くなり、下半身への血流がとどこおることから新陳代謝が落ちて肥満や下痢、肌荒れなどさまざまな体調不良の原因となります。そこで体内のリンパ球の約60〜80パーセントが集中しているといわれる、「腸」に視点をおき、体の腸内フローラ(腸内の常在菌)に直接働きかけることで、自然治癒力や免疫力を引き出し、腸(内側)を綺麗にする事で外側(全身)を綺麗にするという考え方が今の流行りでもあります。そこからさらに視...
2015/07/03 19:45:03 | 美容
『体の中から綺麗にする』と言う言葉は最近良く耳にする言葉ではないでしょうか?裏を返せば、それだけ体の中が汚れているという事でしょう。戦後、間もない頃の食生活は、根菜類や食物繊維が多く、低カロリーで素材を生かした食生活でした。そんな日本人は欧米人に比べ、背丈も低く、消化に時間がかかる為腸も長くなったと言われています。ところが近年食生活が欧米化し、柔らかい加工食品や動物性脂肪の多い食事に加え、食物繊維が大幅に減少していると言われています。その結果活性酸素が増え、頑固な便秘、肌のトラブル、大腸ガンや脂肪肝、糖尿病などの病気を引き起こす原因となっていると言われています。本気で『体の中から綺麗にする』事...
2015/07/03 19:43:03 | 美容
人の細胞数は「37兆2000億個」、とてつもない数字ですが、この細胞が、毎日、分裂と死滅を繰り返し約90日で入れ替わると言うのですから驚きですね!!この膨大な数の細胞は、自然治癒力のお陰で守られています。そんな私達の肌細胞は表皮、真皮、脂肪の3層から成り、表面に皮の膜を張ることで肌の乾燥を防いでいます。20歳の頃の肌はコラーゲン たっぷりのピチピチ肌で、みずみずしく誰もが憧れる美肌ですね。しかし25歳を過ぎた頃から、皮脂の分泌はだんだんと減っていき、加齢と供に 乾燥やくすみ、シワになりやすい肌に変化していきます。このように乾燥し傷ついた肌は、肌の新陳代謝いわゆるター ンオーバーに大きく影響して...
2015/07/03 19:41:03 | 美容
肌が乾燥してつっぱる、朝のお化粧の乗りが悪いなど、肌トラブルは人それぞれ。実は乾燥は顔だけでは無く、気付いた時には体全体に乾燥が及んでいます。『顔は症状が現われやすい』ということですね。肌トラブルの原因は腸で作られる人の腸内には大まかに3種類に分類される腸内細菌と言われる微生物が生息しています。その内訳は、善玉菌身体にとってよい働きをする微生物(乳酸菌やビフィズス菌など)。悪玉菌身体にとって悪い働きをする微生物。日和見菌中立菌と言われ、文字通り普段は中立な立場ですが、腸内が善玉菌で覆われると善玉菌の見方をし、悪玉菌が優勢になると悪玉菌の見方をします。私達人間は、産まれたばかりの赤ちゃんの時は9...
2015/07/03 19:40:03 | 美容
あなたは、周りの方に「お若いですね!」と言われたこと、有りますか?女性にとっては嬉しい言葉ですよね。では見ている人はどこを見て「お若いですね」と言っているのでしょうか?それはあなたの活き活きとした張りのある表情や、ピンと伸びた美しい姿勢を見て言った言葉ではないでしょうか?自信なげにうつむき加減で歩いていたら、誰も若々しいとは思いませんね。それは女性の、いくつになっても美しくありたいと願う気持ちが、内側から若さを引き出し活き活きとした自信につながっているのでしょう。それは老化にブレーキを掛けることで、言葉で表現すると【スローエイジング「老化減速」】と言う考え方から来ているのです。では、若さを保つ...
2015/06/22 00:28:22 | アレルギー
「アレルギー性鼻炎」には季節性と通年性の2種類があるのをご存知でしょうか?どちらもアレルギー性鼻炎に変わりは無いのですが、自分がどちらのアレルギー性鼻炎であるか知っておくことも対策や改善をする上で非常に大切な事になるのです。どう違うの?季節性と通年性環境や生活の変化などにより「アレルギー性鼻炎」の患者さんは年々増加傾向にあります。アレルギー性鼻炎はそれまで無縁だった方も突然発症する場合があるので、花粉の舞う季節はマスクをするなど、しっかりと対処するようにしましょう。花粉を吸う機会の少ない小さなお子さんよりも、毎年吸っている大人の方が発症しやすかったりするんですね。季節性アレルギー性鼻炎の正体は...
2015/06/22 00:25:22 | 免疫力
風邪を軽く考える人がいますが、昔から「風邪は万病の元」と言われます。若さで、カバーしていた頃と違い、60歳に差しかかった頃には免疫力(免疫力は20歳がピーク)も衰え、NK細胞を助けるインターフェロンの生成も衰えてきます。今まさに私達の生活を脅かしている、鳥インフルエンザや(NERS)マーズ等のウイルス性病原菌においては、「体質」だからでは済みません。時には命まで奪われてしまいます。上記のような事を考え私達は、日頃からウイルス性病原菌に負けない免疫力やパワーを備えた身体作りをしておかなければなりません。腸内の免疫力を上げる事が、先ず先決問題になります。ではここで、どうすれば免疫力が上がり、風邪に...
2015/06/22 00:23:22 | 免疫力
世界中を探しても病気にならない薬はありません。だからこそ人は病気になりにくい強い身体になりたいと願います。そして近年、病気になりにくい身体は、なんと!腸内で作られることが解ってきました。人は、全身に存在するリンパ球の60〜80%が腸の中に集中していて、【腸は人体における最大の免疫機関】と言われています。本来、NK細胞(体内をパトロールするリンパ球のこと)を助けるインターフェロンは体内で作られ、ウイルスなどから感染を防ぐ働きをします。これらのリンパ球が弱り、免疫を作り出すことが出来なくなると、次々とあらゆる病気にかかってしまいます。この様なことから、私達は、腸内の免疫力を上げる事が、若さの秘訣で...
2015/06/22 00:18:22 | 免疫力
腸内を綺麗にする事が、健康になるための重要項目!。と言われたら、家族の健康を願う主婦は、とても気になりますよね。近年は腸を綺麗にする効果的な方法として、乳酸菌を意識したレシピやサプリメントなどが数多く紹介されていますね。実は、これらの目的はただひとつ、【腸の中の善玉菌の不足を補う】為なのです。赤ちゃんの時は腸の中が善玉菌(ビフィズス菌)で一杯だったのに対し、加齢と共に善玉菌が減り続け、腸の中は腐敗菌で溢れた状態になっています。気付いた時は、硫化水素、アンモニアなどの有毒ガスで、お腹が膨張しぽっこりお腹になった!!なんて話聞いたこと有りませんか? 苦しく辛いですよね。そんな事にならない為には、ど...
2015/06/22 00:17:22 | 免疫力
人間は産まれた時は、腸内の99パーセントがビフィズス菌(善玉菌)で、病気や老化から体が守られています。ですが残りの1パーセントは悪玉菌。その1パーセントの悪玉菌が年齢と供に増え続け、60歳を越えた頃には腸内の老化が進み、なんと善玉菌と悪玉菌が逆転してしまうことも!! このような腸内は、病気の原因となる、ウェルシュ菌 ・アンモニア・硫化水素などの有毒物質が発生し免疫力を下げ便秘や肌荒れ、時には重い病気を引き起こす原因となります。このようなことから人の免疫力は、腸内の善玉菌と悪玉菌が深く関わっている事がわかります。免疫力を上げ、病気になら無い様にするにはどうすれば良いでしょうか? では、ここで体...